<< ●全米メディアも黒田引退を次々報道! | main | ●上原 140キロでもダル、田中を上回る「空振り奪取率」の極意 >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.10.20 Thursday

    ●ラグビー元日本代表の司令塔 平尾誠二さん死去。53歳だった。

    0

       

       

       

      神戸製鋼でラグビー日本選手権を7連覇するなど日本を代表する選手として活躍した平尾誠二さんが亡くなりました。53歳でした。

       

      平尾さんがラグビー部のゼネラルマネージャーを務める神戸製鋼所によりますと、平尾さんは病気療養中でしたが、20日午前、亡くなったということです。

      平尾さんは京都市出身で高校時代は伏見工業で全国制覇し、その後、同志社大学では史上初めてとなる大学選手権3連覇も果たしました。


      さらに神戸製鋼の中心選手として日本選手権7連覇に貢献したほか、日本代表として3回のワールドカップに出場するなど、代表キャップも35を数え、司令塔のスタンドオフやセンターとしてプレーし、1980年代から1990年代はじめにかけて、日本のラグビーをリードしてきました。

      引退後は、1997年2月に34歳の若さで日本代表の監督に就任し、1999年のワールドカップで指揮を執るなど指導者としても日本ラグビー界の発展に貢献してきました。そして、去年、日本ラグビー協会の理事に就任し、2019年に日本で初めて開かれるワールドカップの準備にも尽力してきました。

      日本ラグビー協会の関係者によりますと、平尾さんは去年の秋ごろから体調を崩していたということです。

       

       

       

      山口元監督「ラグビーの天才だった」

       

       

      京都市の伏見工業高校のラグビー部監督として平尾さんの指導にあたり、「泣き虫先生」の愛称でも知られる、山口良治元監督(73)は「ちょうどきのう、2人で撮った写真を眺めていてどうしているかなと考えていた矢先でした。最後に会ったのは去年の1月ごろで、その後もメールや電話で連絡を取り合っていました。テレビで見たときにはやせていたように見えたので心配していました」と話していました。


      そして、「けさ連絡があり、驚きました。まさか死んでしまうなんて残念でなりません。ラグビーの天才だった彼にもう少し日本のラグビーを引っ張ってほしかった」と声を詰まらせていました。

      そのうえで山口元監督は、伏見工業高校が平尾選手を擁して初めて高校日本一となった当時のことを振り返り、「平尾くんがいなければ、全国制覇はできなかった。高校3年生のときに試合で見せた素晴らしいペナルティーゴールが今も記憶に残っています」と話していました。そして2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップについて2人で話した思い出を振り返り、「監督をどうするかなどについて話していた。もう少し彼のラグビーを見せてほしかった」と悔やんでいました。

       

       

      元木由記雄さん 「あこがれの選手だった」

       

       

      平尾さんと神戸製鋼でチームメイトだった、京都産業大学ラグビー部の元木由記雄ヘッドコーチ(45)は、「ショックで信じられない気持ちで、残念です。私の大学時代から活躍されていて、あこがれの選手でした。判断力や先を読む力がとても優れている選手でした」と話していました。


      また平尾選手の人柄については、「長い間一緒にプレーして、引退してからも公私ともにお世話になりました。見た目はクールで格好いいですが、思いやりがあり、お茶目なところもありました」と話していました。


      そのうえで「2019年のラグビーワールドカップを控え色々なところで活躍されるはずでした。日本代表の進む道へのアドバイスをたくさんしてきた人を亡くしたのは痛い損失です。今度は、周りの人たちが頑張らなければいけないと思います」と話していました。

       

       

      神鋼ラグビー部の選手たちも

       

       

      神戸市東灘区にある神戸製鋼ラグビー部、コベルコスティーラーズのグラウンドでは、20日午後行われた練習後のミーティングでチームのゼネラルマネージャーを務める平尾誠二さんが亡くなったことが伝えられました。


      キャプテンの橋本大輝選手は、「闘病されていたのは知っていましたが、亡くなったと聞いてショックです。優勝することで平尾さんに恩返しをしたいと思います」と話していました。去年のワールドカップで日本代表にも選出された伊藤鐘史選手は、「ことしの春に『優勝してくれよ』と声をかけて下さったのが最後になってしまいました。こういう時こそ、チームで団結して前を向いていきたいです」と話していました。

       

       

       

      早すぎる死に秩父宮のファンも

       

       

      東京の秩父宮ラグビー場の前では、ラグビーファンから、平尾誠二さんの早すぎる死を悼む声が聞かれました。

      40年来のラグビーファンで、平尾さんの大学時代から競技場で試合を観戦していたという70代の男性は、「指導者となってからは勝ちに恵まれず、不運だった印象はあるが、同志社大学時代の大学選手権3連覇をはじめ、日本ラグビーの一時代を築いた選手だった。一ファンとしては、母校の同志社大学を率いている姿を見たかったし、すごく早くて残念だ」と話していました。


      また、平尾さんと同世代の50代の男性は、「地元が関西なので、同志社大学時代に競技場で平尾さんの試合を観戦した。ラグビーが流行したきっかけを作った選手だったと思う。まだ若く、後進の指導もこれからだっただろうから、すごく残念だ」と話していました。

       

       

       

       

      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << March 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM