<< ●大谷翔平、驚愕の15球 | main | ●ラグビー元日本代表の司令塔 平尾誠二さん死去。53歳だった。 >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.10.19 Wednesday

    ●全米メディアも黒田引退を次々報道!

    0


       

      広島の黒田博樹投手(41)が今季限りで現役引退することを表明した。ドジャース、ヤンキースでプレーした黒田の衝撃ニュースを全米メディアも次々と報道した。

      メジャーリーグのニュースを扱うウェブサイト、MLBトレードルーマーズは、日本発の報道を引用し、黒田が引退したことを記事にして伝えた。

      「41歳の黒田はドジャースとヤンキースの質の高いメンバーの一員としてよく知られている」

      そう見出しが取られた記事は、「日本のスター選手は33歳までメジャーリーグに来なかった。彼はプロの投手としての20年間のうち、NPBに13年(そのすべてはカープに)在籍し、2000イニング以上投げ防御率は3.55だった。日本に復帰後には、さらによい成績を残していて、その2年間の防御率は2.55と3.09である。チームが日本シリーズを戦ったのち、引退する」と黒田の日本での実績を紹介。

      そして、黒田がメジャーリーグに移籍した時代について、「メジャーでも、黒田は優れていた。他にも黒田を欲しがる球団はあったが3年契約で2008年にドジャースへ。さらに1年契約を結んでドジャースに残った。そこから東海岸のヤンキースへ移り、1年契約を繰り返した」と振り返った。

      同サイトは、黒田の投手としての特徴を述べ、それを高く評価した。

      「メジャーリーグでプレーした期間を通じて、彼は安定しているということで手本になるような選手だった。先発数が31試合未満だったのは、2年目の2009年だけ。防御率が3.76を上回ったことはない。ドジャース時代とヤンキース時代の成績もよく似ている。ドジャースでは699イニングを投げ、防御率3.45、9回あたりの奪三振数は《6.7》、9回あたりの四球数は《2.1》だった。ヤンキースでは620イニングを投げ、防御率3.44、9回あたりの三振数《6.7》、四球数は《2.9》だった。球速が少し落ちてきても、シンカーとスライダーをうまく使い、安定した投球を続けた」とメジャーで残したデータを引用して、どれだけ安定感のあったピッチャーであったかを説明した。

      そして「黒田はメジャーリーガーとして8800万ドル(現在のレートでは約88億円だが、実際にはもっと上)を得た。そして現在、日本では、最も高い年俸を得ている。彼がもたらした価値を論じるのは難しい。メジャーリーグトレードルーマーズも彼の20年にわたるプロ野球選手としての素晴らしい活躍に対する祝福の輪に加わりたい。彼の今後の幸運を祈っている」と締めくくった。

       

       

       

      記事の末尾には多くの読者がコメントを投稿している

      ヤンキースファンからのようだ。「彼のピンストライプの姿を見ることができてうれしかった。彼は松井のことを思い出させた。劇的さや、ファンファーレなしに仕事をした。いつもプロであり、とてもよい投球をした。派手さはないがいつも頼りになった」

      なかには日本語でメッセージを書こうとして「オレガトウ、クロダサン」と少し間違ってしまった人も。

      ニューヨークデイリーニュースなどニューヨークメディアも引退のニュースを伝えたが、黒田とは対戦相手としてしか関わりのないレッドソックスの地元紙、ボストングローブまでが黒田の現役引退を取り上げた。

      ボストングローブ紙は、2011年のトレード締め切り期限にフォーカス。「先発投手不足に苦しんでいたレッドソックスは、黒田をトレードで獲得しようと交渉していたが、黒田の契約にはノートレード条項があり、黒田はボストンに移ることを好まなかったと言われた」と当時の秘話を披露した。

      そして、「その年の黒田はトレード締め切り後、11試合に先発し、7勝3敗 防御率3.00だった。黒田はレッドソックスが取り逃したものを正確に表していた。彼のドジャースに残るという決断がバタフライ効果を生み出し、一方で羽をパタパタさせることが、反対側ではハリケーンとなったのである」と書いた。
      黒田を獲得できなかった2011年のレッドソックスは、90勝72敗でア・リーグ東地区3位に終わり、フランコーナ監督の最後の年になったのだ。

      同紙は「もし、あのときレッドソックスが黒田を獲得できていれば、2011年は優勝争いをしていたかもしれず、その後の5年間も違ったものになっていたかもしれない」と、黒田のメジャーリーグでの存在の大きさを表現し、引退を惜しんでいた。

      黒田がメジャーで残した偉大な爪あとを象徴するかのような全米メディアの反応だった。

       

       

       

      http://m.yankees.mlb.com/news/article/206455588/pitcher-hiroki-kuroda-announces-retirement/

       

      Kuroda will call it a career following Japan Series

      Japanese pitcher Hiroki Kuroda, who spent seven seasons in the Major Leagues, announced Tuesday he will retire at the end of the season.

       

      The 41-year-old Kuroda last pitched in the U.S. in 2014, and he has spent the last two seasons pitching for Nippon Professional Baseball's Hiroshima Carp, the club he began his professional career with in 1997.

       

      Kuroda's career will end in the Japan Series, where his Hiroshima team faces the Nippon Ham Fighters.

       

      "Winning the league championship and advancing to the Japan Series is one big reason for this," Kuroda said a news conference at a Hiroshima hotel, according to Japan's Kyodo News. "Because I'm going out after the ultimate season, I have no regrets.

       

      "This had been constantly in my mind the past two to three years. It became tangible in September, when we won the pennant. I had thought about announcing it after the Japan Series. But that next game might be my last, and I felt I had to tell my teammates and the fans who have cheered me on before that."

       

      Kurdoa was 79-79 with a 3.45 ERA in 212 Major League games (211 starts) in seven seasons with the Dodgers and Yankees.

       

      He pitched 11 seasons for Hiroshima before coming to the U.S. He returned to the club in 2015 and was 10-8 with a 3.09 ERA in 24 starts this season.

       

       

       

       

       

      -------------------------------------------------------------------------------------------------

       

       

      黒田博樹の引退はNYでもニュースに ヤンキース公式サイトもトップで紹介

      2016年10月19日(水)

       

       

       

      NYメディアもヤンキース時代の活躍称える、「ボンバーズで最も頑丈な投手だった」

       

      広島の黒田博樹投手が日本シリーズ終了後に現役引退すると発表したことを、2012年から14年まで活躍したニューヨーク・ヤンキースも公式サイトのトップニュースで紹介。「クロダは日本シリーズ終了後に現役引退へ」というタイトルで名門球団のローテーションを3シーズン支えた日本人右腕の決断を伝えている。


      黒田は7年間のメジャー生活で212試合に登板し、79勝79敗、防御率3.45という優秀な成績を残した。ヤンキースでは通算38勝33敗、防御率3.44をマークし、12年は219回2/3、13年は201回1/3、14年は199回を投げるなど、抜群の安定感を見せた。14年シーズンに惜しまれながら退団し、古巣の広島に復帰していた。

      記事では、「黒田のキャリアは日本シリーズで終了する。彼の在籍する広島は日本ハムファイターズと対戦する」と紹介。ヤンキース最終戦となった14年9月25日のオリオールズ戦(6-5で勝利。黒田に勝敗つかず)で8回3安打2失点9奪三振と力投したダイジェスト動画も掲載し、日本人右腕のメジャーでの“ラストダンス”を振り返っている。この試合はデレク・ジーターのヤンキースタジアム最終戦で、9回表に同点に追いつかれたヤンキースが、9回裏にジーターのサヨナラヒットで勝利していた。

      ヤンキースの試合を放映する「YESネットワーク」も、「ヒロキ・クロダがプロ野球から引退する」とのタイトルで、トップニュースとして記事を掲載。「彼はブロンクスでの3シーズンで620イニングに登板し、2012年から2014年の間、ボンバーズ(ヤンキースの愛称)で最も頑丈な投手だった」と称えている。

       

       

       

      黒田はヤンキースにとっても特別な存在に

       

      さらに、「ヤンキースの選手として、クロダはシーズン199イニングを下回ったことはなく、防御率3.71より悪い数字を残したこともなかった。彼は2012年から2014年にそれぞれ33試合、32試合、32試合に登板したが、現役生活を終わらせるために母国に戻り、最後の2年間を過ごした」と紹介。ヤンキースで絶大な貢献を果たしたことを振り返っている。

      また、地元紙「デイリー・ニューズ」は「元ヤンキーのヒロキ・クロダが日本シリーズ後に引退する」とのタイトルで記事を掲載。地元紙「ジャーナル・ニュース」も「クロダが引退を発表」と伝えた。そして、「ニューヨーク・タイムズ」でヤンキース番のデビッド・ウォルドスタイン記者は、日本の報道を受けてツイッターですぐさま黒田の引退を報告するなど、ニューヨークでも大きなニュースとなった。

      黒田は2013年オフにも現役続行か引退かで揺れたが、ヤンキースから熱烈なラブコールを受けて、再契約した。14年のスプリングキャンプでは、ヤンキースから必要とされたことが現役続行の決め手の1つになったと明かした上で、メジャー随一の名門球団は「自分の中では特別なチーム」と表現したこともある。そして、ヤンキースにとっても、黒田は特別な存在だったようだ。

       

       

      -----------------------------------------------------------------------------------------------------

       

       

       

      広島の黒田博樹投手(41)が今季限りでの引退を発表したことはポストシーズンで盛り上がる米球界でも大きなニュースだった。親友であるドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手(28)は本拠地ドジャー・スタジアムでのカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦を前に思いを語った。黒田がドジャース入りした2008年にメジャーデビューし、4年間、黒田から多くを学んだ左腕は「すばらしいキャリアだ。個人的に知り合えて、素晴らしいチームメートだったし、素晴らしい友達だった。一緒にプレーができて本当に良かった」と感謝。「日本シリーズで戦うようだけど、そこで頑張ってもらいたい」とエールを送り、「こっちにぜひ来てもらって会いたいし、こっちに来られないようなら僕が日本に会いに行かないといけないね」と再会を約束した。
       


      前田健太投手(28)はプロ1年目の07年と昨年の2年間、広島でチームメートで、メジャー移籍の際にアドバイスをもらった。「すごく寂しいですし、悲しい。今年で引退するんじゃないかなという噂はありましたけど、実際に決

      まると寂しい気持ちがあります」としんみり。
       


      黒田のすごさについて「体は痛くないところはないと思いますけど、それを感じさせないピッチングというのがすごい。日本でもアメリカでもローテーションを守りながら1年間投げ抜いたというのが同じピッチャーとして本当にすごいなと思います」。最後は「まだ日本シリーズが残ってるんで、お疲れさまですと言うのはまだだと思います。日本シリーズで日本一になって黒田さんの最後をチームメートみんなで飾ってほしいなと思います。それが全部終わってから『お疲れさまです』と言いたいと思います」と締めくくった。
       


      ヤンキースの田中将大投手(28)は球団を通じてコメントを発表。「わずか1年でしたが黒田さんと一緒にプレーできたことは、僕の野球人生の貴重な財産になっています。黒田さんの投げる姿が見られなくなるのはとても寂しいですが、野球に真摯に向き合う黒田さんらしい決断だと思います」と引退を惜しんだ。今季、ツーシーム中心で打たせて取る投球に変えたのは黒田の影響だろう。「僕自身も黒田さんから教わったことを糧に、活躍する姿を見てもらえるようにこれからも頑張っていきます。本当にお疲れさまでした」と飛躍を誓った。

       

       

      --------------------------------------------------------------------------------------------------

       

      広島・黒田の背番号「15」半永久欠番に 松田オーナー「価値観、選手の考え方を変えた」

       

       

      広島の松田元オーナー(65)は18日、引退表明した黒田博樹投手(41)の背番号15を事実上の半永久欠番とする考えを示した。「15がつけられるような選手がそうそう出てくるとは思えない。有望な新人が入ってきたとしても、15を提示したら向こうも躊躇(ちゅうちょ)するのではないか。1世代、2世代変わらないと難しいと思う」と話した。

      この日、黒田から報告を受けた松田オーナーは「ごくろうさま」と言葉をかけたといい「成績もだが、彼が戻ってきて一番大きかったのは価値観を変えたこと。(メジャーの巨額オファーを蹴って)『そういう考えを持っている人がいるのか』とインパクトを与えた。

       

      本人は『9回まで投げられなくなったのが悔しい』と言っていたが、早い回で降りることはまずなかった。そのための準備を含め、選手の考え方も変えた」とたたえた。

      黒田にはレギュラーシーズン最後の登板となった10月1日のヤクルト戦(マツダ)で使用したピッチャープレートを贈呈するという。

       

       

      ---------------------------------------------------------------------------------------------------------

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM