<< ●【リオ五輪】萩野公介が日本勢金メダル1号 瀬戸も銅メダル | main | ●前田健太、今季最終戦任された 登板数出来高満額ゲットで年俸13億円に >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.09.18 Sunday

    ●今やサイ・ヤング賞の候補と米メディアで評価される存在になった田中将大

    0


      【MLB】アリーグ防御率トップに躍り出た田中将大。「ヤ軍は1億5500万ドルで獲得した男がサイ・ヤング賞に値すると再確認」

      このままの投球が続けばサイ・ヤング賞の有力候補

       

      現地時間15日、敵地フェンウェイパークで宿敵レッドソックス戦に登板した田中の安定感はこの日も変わらなかった、奪三振こそ初の0であったものの、低めにボールをよく集め、メジャー屈指の強力打線を誇るレッドソックス打線を相手に的を絞らせなかった。

       

      四球は最近の田中からしたら7イニングで3つと少し多めであったが(この試合の前の過去5登板では33.1イニングで四球はわずかに4つ)、7回を投げ被安打は4、球数93球、1失点という内容だった。

       

      この日のピッチング内容と試合展開で勝利投手となれなかったが、この試合の好投によって防御率は3点台を切り2.97に。打者有利のボールパークが多く、強力打線揃いの今年のアメリカンリーグ東地区においてこの数字は頭1つ抜けており、サイ・ヤング賞争いのライバルである、シカゴホワイトソックスのクリス・セールや、クリーブランドインディアンズのコリー・クルーバーを抜きアリーグトップに躍り出た。

       

       

       

      そんな田中に対しての米メディアの評価は当然高まるばかりだ。


      『FoxSports』のフィル・アクレ記者は「田中は完全にエースの座を取り戻した」と題し、記事の中で田中の良いところとして四球の少なさをあげている。

       

      記事によると今季の田中はここまで193.2イニングを投げ四球は34個。イニング数では、サイ・ヤング賞争いのライバル、コリー・クルーバーの197イニングにわずかに劣るが、クルーバーはすでに51個もの四球を許していると言及している。

       

       

      四球の数に触れた上でアクレ記者は次のような内容を報じている。

       

      “It’s certainly fair to put Tanaka’s name squarely in the Cy-Young conversation this season. While his strikeout numbers won’t blow anyone away, he is among the league leaders or in the top five of some major categories among AL starters. If Tanaka can continue his recent stretch that’s seen him go 6-0 with a 1.94 ERA, he’ll be one of the top candidates to receive the distinguished award.


      田中を今季のサイヤング賞争いの議論に入れることに何も問題はない。彼の奪三振数は秀でたものはないが、防御率ではリーグトップを争い、幾つかの指標でもアメリカンリーグのトップ5に入っているのだ。現在6連勝中(その期間の防御率は1.94)の田中は今の調子をキープできれば、サイ・ヤング賞のトップ候補となるだろう。

       

       

       

      自らの投球で消し去った肘への不安

       

      田中にとってのルーキーイヤーとなった2014年、田中のメジャーデビューはなかなか順調なもので、怪我をするまでのシーズン途中で13勝5敗、防御率は2.77だった。

       

      肘の故障が明らかになった際に、アメリカ球界で主流のトミー・ジョン手術ではなく、この手術ほどの長期リハビリを必要としないPRP療法を選択した田中に、常に肘の不安が付きまとってきた。

       

      実際にPRP療法を終えて迎えた2015年、2年目の成績は登板回数154イニングで防御率は3.51と悪化。何より被本塁打数が25本と急増し、「先発としては2、3番手レベルであり、ヤンキースが払った金額に値するエースではない」とすら酷評された。

       

      しかし今季は登板間隔を守り、一時は「中4日だと安定しない」と言われたが、後半戦は中4日でも問題なく投げており、今やサイ・ヤング賞の候補と米メディアで評価される存在になった。

       

       

      アクレ記者は次のような最大の賛辞とともに記事を締めた。

       

      “ Even if the Yankees don’t make the postseason, they can consider this season a massive success. For one, the “Baby Bombers” showed that they are ready to takeover the team.
      But more importantly, they’ve seen that their $155 million man can once again bear the title of a true ace.


      たとえもし、ヤンキースはプレーオフへ進出できなくても、今季は成功と捉えて問題ないだろう。彼らにとって、”ベビーボンバーズ”(アーロン・ジャッジ、ゲイリー・サンチェス、タイラー・オースティン)が、チームを引っ張っていく準備ができてることを確認できたのだから。しかしヤンキースにとって最も大きいのは、1億5500万ドルで獲得した男が、彼らの期待していたような、サイ・ヤング賞に値する投手であると確認できたことだ。

       

       

      出典:Yankees Masahiro Tanaka Has Regained His Ace Status by Phil Akre

       

       

       

       

      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM