<< ●イチローの秘めた決意 | main | ●イチロー「史上最も偉大な右翼手」でトップ10入り 「唯一無二の存在」 >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.06.29 Wednesday

    ●イチローの打撃や準備にボンズも驚愕 「目が釘付けになってしまう」

    0

       


       

      残り14本のメジャー通算3000安打に立ち会う喜びには「とにかく最高」

       

      マーリンズのイチロー外野手と、今季から加入したバリー・ボンズ打撃コーチが、互いに大きな“リスペクト”を抱いていることは、日本でも広く知られていることだ。メジャー歴代最多本塁打数を誇るボンズは、ハンク・アーロンの755本塁打という記録に追いつき、追い越す中で、その境地に達した人にしか分からないプレッシャーとの孤独な戦いを経験した。

       

      パワー打者とコンタクト打者の違いこそあれど、長いメジャー史上29人しか到達しなかった3000安打の金字塔を射程内に捉えたイチローは、選ばれし者しか味わえない心境をボンズと共有しているのだろう。


      28日タイガース戦を終え、メジャー通算3000安打まで残り「14」。イチローの偉業達成に、打撃コーチとして立ち会うことになったボンズが、米メディアにその心境を聞かれ「この目で見られるなんて、こんなに素晴らしいことはない。信じられないよ。とにかく最高だ」と興奮気味に語ったそうだ。地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版が伝えている。

      試合であれ、練習であれ、イチローが打席に立つたびに「目が釘付けになってしまう」というボンズ。この日まで、今季打率は.340と高水準を保ち、42歳を迎えた今でも衰えぬ打撃を披露するイチローの姿に、「開いた口がふさがらないよ」とボンズらしい最上級の褒め言葉を使って驚嘆したという。

       

       

       

      ベテランになっても準備を怠らぬ姿に「一度は見る必要のある選手」

       

      イチローと同じ42歳まで現役を続けたボンズだが、「自分が彼の年にどんなことをしていたか振り返ってみても、彼の準備、毎日試合に向けて進める準備やどれだけ懸命に練習を積むか(を見ると)…。一度は見る必要のある選手だ」と話し、メジャー16年目のベテランとなった今でも、少しも準備の手を緩めないストイックさを明かしたそうだ。

       

       

       

       

      マーリンズのマッティングリー監督が試合前にコメント。

      「彼は見ていて楽しくなる。彼はある意味、不老の存在であり続けている。彼の年齢については本当に話題にすべきではない。彼はほとんどのメジャー選手よりも(速く)走る。送球も守備もほとんどの選手よりも上だ。他のほとんどの選手よりもバットが振れている。彼の全てが非凡と言えるんだ」

      42歳にして走攻守に渡りメジャーでハイレベルな活躍を見せる背番号51を、こう絶賛していたという。指揮官が衰え知らずと認める活躍で、イチローが史上30人目の3000安打という金字塔に向けて加速している。

       

       

       

       

       

      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM