<< ●マエケン メジャー史上初の快挙! | main | ●イチローの秘めた決意 >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.05.24 Tuesday

    ●レジェンドの大活躍、同僚も喜ぶ「イチローがいてくれて幸せ」

    0

       

       

      「誰も彼のことを終わった選手なんて思っていない」

       

      マーリンズのイチロー外野手が23日(日本時間24日)の本拠地レイズ戦で今季初めて3試合連続でスタメン出場し、5打数4安打1打点1得点の大活躍を見せた。3試合連続マルチ安打で、打率.417と絶好調のメジャー最年長野手について、同僚は「イチローがいてくれて幸せ」と感謝。レジェンドとの共闘の日々をかみしめている。


      2016年5月21日(日本時間22日)のナショナルズ戦で今季初の1試合4安打をマークしてからわずか2日。イチローは再び4安打を放ち、チームの7-6の逆転勝ちに貢献した。その後、同僚が賛辞を贈った様子を地元メディア「FOXスポーツフロリダ」が伝えている。

      「全体的に素晴らしい試合だった。気分的には追いついて追いついて、最後に得点できて、AJ(ラモス)が扉を閉めた。激闘だった。間違いない」

      マーティン・プラド内野手は激闘の汗をしたたらせながらこう振り返った。今季打率.353と打撃好調の32歳はイチローの活躍を心から喜んでいる様子だった。



       
      高いプロ意識見せる姿に「誰もが尊敬している」

      また、4安打を放ったイチローについて「なんて言ったらいいのかわからないよ。とにかくこのまま活躍してほしい。それがチーム全員の願いなんだ。ここにいる人間全員は彼がいてくれて幸せに思っている」とコメント。

      2014年のシーズン途中にダイヤモンドバックスからトレードで加入したヤンキースでイチローとともに戦い、15年に移籍したマーリンズでもベテラン外野手とチームメイトになった。

      「彼はキャリアで偉大なことを成し遂げ続けてきた。誰も彼のことを終わった選手なんて思っていない。彼の活躍でハッピーなんだ。みんな、彼の打席に立つたびにお祭り騒ぎとなっている。

      彼の仕事ぶりを見ることができて恵まれているよ。全打席でヒットを打つことを願っている。それは不可能なことだけど、彼は本当にプロフェッショナルだから。誰もが尊敬しているんだ」

      プラドはそう語った。その言葉通り、イチローが打てば、マーリンズ・パークは「イチロー・コール」で沸き起こり、ダグアウトも盛り上がる。レジェンドの活躍はプレーオフを目指すチームにとって最高の起爆剤となっている。
       

       

      イチロー、2度目の4安打で打率・417 「42歳とか、もうやかましいわ」

       


      「マーリンズ7-6レイズ」(23日、マイアミ)

      マーリンズのイチロー外野手(42)がレイズ戦に「1番・左翼」で出場し、5打数4安打1打点、1得点。打率を・417とした。2試合ぶり今季2度目の1試合4安打で4年ぶりの3戦連続マルチヒット。メジャー通算2960安打。日米通算4238安打でピート・ローズのもつメジャー最多通算安打記録まであと18本とした。


      背中の違和感で欠場中の正左翼手イエリチの代役として今季初の3戦連続先発出場。過去の対戦打率・381(21打数8安打)とカモにしている左腕のムーアからイチローが怒とうの3打席連続安打を披露した。

      2点を先制された後の初回の打席で右前打。打者8人で3点を奪う攻撃の口火を切ると、二回には左前打を放って3戦連続マルチ安打をマークした。

      イチローはさらに加速する。1点リードの四回2死三塁の好機には右前適時打。4月29日のブルワーズ戦以来の打点でリードを広げ、本拠地を熱狂させた。

      締めは同点に追いついた直後の八回1死一塁の打席だ。初対戦の左腕、ロメロの151キロ速球をラインドライブで右前へ。一塁走者を三塁に進める巧打で2番プラドの決勝打をお膳立てした。

      11試合連続ベンチスタートの後の3試合連続スタメン。3試合で10安打と大暴れしているイチローは体の状態を問われ、「ごくごく普通です。出ていないときの方がしんどいですもん、体はね」とさらり。二転、三転した試合をものにしたことには「野球をプレーしてる実感がもてて楽しいわけではないけど、実感がある」と話した。

      42歳以上でシーズン2度の1試合4安打は83年にローズが記録して以来、33年ぶりの偉業。40歳を過ぎてから年齢が話題にのぼることが多くなっているが、イチローは「42歳とかいいし、もう、ほっとけや、やかましいわ」と言って笑った。





       

      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM