<< ●岡崎慎司の献身的なスタイルはすでに英国のファンにも受け入れられ、称賛の的となっている。 | main | ●藤田菜七子 中央競馬で初勝利 女性騎手で12年ぶり >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.04.07 Thursday

    ●【MLB】前田健太、デビュー戦でメジャー初勝利 投打で魅了、

    0


      チーム1号の衝撃弾に大盛り上がり、共同オーナーのマジック・ジョンソン氏も興奮?

      ドジャースの前田健太投手が2016年4月6日(日本時間7日)の敵地パドレス戦でメジャーデビューを果たし、4回の第2打席で初ホームランを放った。衝撃のデビューにチームメートも大興奮。クラブの公式ツイッターや同僚、伝説的なバスケットボール選手でドジャース共同オーナーのマジック・ジョンソン氏も今季チーム初本塁打をツイッターで祝福するなど、米国で「マエケン祭り」が起きている。


      無失点の好投を見せていた前田は4回1死走者なしで打席に立つと、2ストライクから相手先発キャッシュナーのスライダーをレフトスタンドへ叩き込んだ。敵地ペトコ・パークにはドジャースファンも大挙して駆けつけており、スタジアムも大盛り上がり。ダッグアウトでもエース左腕クレイトン・カーショーが絶叫しながらガッツポーズするなど、同僚も一気に燃え上がった。

      ドジャース公式ツイッターも大興奮。
      「マエダがホームラン!!!!!!」
      「ケンタ・マエダが一振りでレフトスタンドに柵越え! ドジャースは5-0でリード」
      そして、「ホームラン.」と日本語でも写真付きで日本人右腕の豪快なメジャー第1号を伝えていた。


      ジョンソン氏もツイッターで報告、ファンは「マジック、彼をキング・ケンタと呼ぶんだ」

      ドジャースの同僚、ブレット・アンダーソン投手は「ケンタ・マエダは打撃に関して熟知していたので、オレは何も教えていない」とツイートし、PL学園高時代にエースで4番だった前田の打撃センスを絶賛していた。

      そして、LAのレジェンドもマエケン弾に大興奮。現役時代にNBAの人気チームLAレイカーズでリーグ優勝5回、1992年のバルセロナ五輪でドリームチームの一員として金メダルを獲得した天才司令塔、マジック・ジョンソン氏は「ルーキーのケンタ・マエダがホームランを打ち、パドレス相手に5-0リード」とツイートしている。

      現在ドジャースのオーナーグループの一員でもあるLAの顔役にも、強烈なインパクトを残した前田。ジョンソン氏のツイートには、ファンから「マジック、彼をキング・ケンタと呼ぶんだ」とメッセージも寄せられた。
       

      フルカウント編集部●文 text by Full-Count
       



      「元・PLの4番」はダテじゃない!前田健太のメジャー初安打は今季チーム1号の本塁打


      「お忘れかもしれませんが、PLの4番でした」

      現地時間2016年4月6日(日本時間7日)、敵地でのパドレス戦でメジャーデビューを果たしたドジャースの前田健太が、バットで見せた。

      4-0とドジャースがリードして迎えた4回一死の第2打席、2ストライクと追い込まれながらも甘く入った変化球を振りぬくと、打球はグングン伸びてレフトスタンドへ。自身のメジャー初安打を本塁打で飾り、自らを援護する得点を叩き出した。

      しかも、この前田の一発が今シーズンの“チーム第1号”。開幕2連勝中で、ここ2戦で18得点を叩き出したドジャースであったが、本塁打はまだ出ていなかった。“本職”であるピッチングの前に、まずはバッティングの方でその名前を刻んだ。


      思い返せば、打撃が得意な投手として知られているマエケン。高校時代は名門・PL学園高で4番を張り、高校通算27本の本塁打を放っている。日本では通算打率.147(436打数64安打)で本塁打は2本という成績を残す。

      昨年10月2日の中日戦、7回1失点の好投で15勝目を挙げた前田は、その試合で自身7年ぶりとなる一発を放った。その時のお立ち台では、「前も言ったと思いますが、PLの4番でした(笑)」とおどけて笑いを誘った。

      メジャー1年目のシーズンに挑む男の投球はもちろんのこと、打撃からも目が離せない。




      カーショー マエケンのデビュー弾に大喜び「何でもできてしまう」

      前田は4回の第2打席、パドレスの先発・キャッシュナーが投じた3球目のスライダーを完ぺきに捉えると、打球は高々と舞い上がり、レフトスタンドへと吸い込まれた。この一発にドジャースベンチはお祭り騒ぎ。中でもチームのエース、クレイトン・カーショー投手(28)は大喜びだった。

      6回無失点の投球もさることながら、バットでもチームに貢献した前田。カーショーは「打撃練習を見ていて、打つ方の才能もあると思っていた。彼は何でもできてしまうみたいだね。ホームランも打つのだから相手は厄介だよ」とその野球センスに舌を巻いた。

      さらにエースからの賛辞は続き、「自分はこれまで8シーズン、メジャーでプレーしているけれど、ホームランを打ったことはたった1度しかない。本当にすごいよ」と日本から来た新戦力の活躍がうれしくて仕方ない様子だった。



       

      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << July 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM