<< 年収1億円を稼ぐ人だけが知る40のリスト | main | ■外国人の感じたコンビニ!【フランス人と台湾人】 >>
2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.07.19 Friday

    これをよくよく守ると生涯恵まれ幸せに暮らせます。

    0
       

      節食開運説

       

      江戸時代最高の観相家といわれた水野南北の「節食開運説」の要点を10項目に整理して示します。皆さんよく読んで頭の中に入れておきましょう。これをよくよく守ると生涯恵まれ幸せに暮らせます。



      1.食事の量が少ない者は人相が不吉な相であっても、それなりに恵 まれた人生を送り、早死にしない。特に晩年は吉となる。


      2.食事が常に適量を超えている者は、人相が吉相でも調いにくい、手がもつれたり、生涯心労が絶えず、晩年は凶となる。


      3.常に大食、暴食の者は、たとえ人相がよくても運勢は一定しない。もしその人が貧しければ、ますます困窮し、財産家でも家を傾ける。大食、暴食して人相が凶であれば、死後に入るべき棺もないほど落ちぶれる。


      4.常に身のほど以上の美食をしている者は、たとえ人相が吉でも運勢は凶になる。美食を慎まなければ家を没落させ、出世もおぼつかない。まして貧しくて美食する者は、働いても働いても楽にならず、一生苦労する。


      5.常に自分の生活水準より低い程度の粗食をしている者は、人相が貧相でもいずれは財産をなし、長寿を得、晩年は楽になる。


      6.食事時間が不規則な者は、吉相でも凶となる。


      7.小食の者には死病の苦しみがなく、長患いもしない。


      8.怠け者でずるく、酒肉を楽しんで精進しない者は成功しない。成功、発展しようと思うならば、自分が望むところの一業を極め、毎日の食事を厳重に節制し、大願成就まで美食を慎み、自分の仕事を楽しみに変えるように努めれば、自然に成功するだろう。


      9.人格は飲食の慎みによって決まる。


      10.酒肉を多く食べて太っている者は、生涯出世栄達はない。




      以上です、基本は言葉どおり、食を節することにあります。さらに水野南北は、これらの節食の実践とともに、日常生活での心掛けを説いていて、節食とともに日常の心掛けを実践することで運はさらに開け、強運になるといいます。



      その主なものは、毎朝、昇る太陽を拝むこと。朝は早く起床して、夜は早く就寝すること。夜に仕事をするのは大凶である。衣服や住まいが贅沢すぎるのは大凶である。倹約は吉であるが、ケチは凶である。





      2017.06.18 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM