2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.02.28 Thursday

    感謝する気持ち

    0
       

      不幸を嘆く人は、感謝する気持ちを忘れています。たとえば、朝起きて、命があったということに、そして、帰るべき家があることに、また、現に今、こうして息ができ、息が吐けるということを、感謝したことがあるでしょうか。



      2013.02.27 Wednesday

      笑顔

      0


        天国に住むための条件を簡単に言い換えるならば、「常に笑顔で生活できる人」ということになります。ただし、本心から出る笑顔でなければなりませんが。






        2013.02.09 Saturday

        限りなく優しくあれ

        0
           

          最後に、家庭ユートピアについて、どうしても述べておきたいことがあります。それは、「家庭のなかで、必ず仏神の話をしてほしい」ということです。仏神を知るには家庭がいちばんです。「家庭で仏神の話ができる」ということは、「家庭から光が出つづけている」ということなのです。

           

           

          日々、仏の心を自分たちの心として生きていけるようにし、できれば、一日の反省を家族で共になし、一日の感謝を家族で共になし、一日の祈りを家族で共になすことです。そういう家庭が素晴らしいのです。

           

           

          これを「真理家庭」と言ってもよいでしょう。

           

           

          家のなかに、反省と感謝、そして仏への祈りが満ち満ちた情景を、思い描いてみてください。それは素晴らしいことです。

           

           

          家庭のなかで宗教心を育んでいくことは、理想家庭をつくるために、なくてはならないことなのです。

           

           

          信仰深い親となって、子供たちに、仏へ向かう心の、その敬虔さを、尊さを、教えてください。それは、何よりも、彼らが素晴らしい人間として成長していくための基礎になるでしょう。

           

           

          信仰という土台を持っていない人は、教育を受けても、魂が真っすぐに伸びていきません。信仰は、すべての教育や教養の基礎となるべきものです。人間は、信仰の土台があって初めて、人間らしく生きていくことができるのです。

           

           

          子供たちに、現代的な権利や義務を教える前に、「仏の子としての神聖な義務や権利とは何か」ということを教えてください。それは、彼らが素晴らしい人生を送っていくためのヒントになるはずです。

           


          信仰という土台を持っていない人は、教育を受けても、魂が真っすぐに伸びていきません。信仰は、すべての教育や教養の基礎となるべきものです。人間は、信仰の土台があって初めて、人間らしく生きていくことができるのです。

           

          子供たちに、現代的な権利や義務を教える前に、「仏の子としての神聖な義務や権利とは何か」ということを教えてください。それは、彼らが素晴らしい人生を送っていくためのヒントになるはずです。


          225227ページ)


          2012.12.26 Wednesday

          無限の富を引き寄せるには

          0

            20132月号記事

             

            個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。

             

            無限の富を引き寄せるには

            新シリーズ 富を引き寄せる考え方(1)

            大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.192

            2012325日 幸福の科学総本山・正心館における質疑応答より

             

             

            Question
            「富についての悟り」をお聞きしたいと思います。私は富を引き寄せたいと思って、いろいろ自分の心の持ち方を変えようとするのですが、なかなか明るい気持ちを維持することができません。どのようにして、明るい心境を維持し、富を引き寄せていけばいいのでしょうか。

             

             

            nswer

             

            すべてを「成功の種」と考え向上を目指していくこと

             

            Think Big!
            未来を拓く挑戦者たちへ

            大川隆法著   幸福の科学出版  1,575(税込)

             

            実を言えば、私は幸福の科学をつくるために、一円も使っていないのです。今から三十年近く前に会社を辞めた時、教団をつくる資本金にしようと思って、独身にもかかわらず、退職金や貯金を三、四百万円は持っていました。しかし、幸福の科学を始めて何年かたってから預金通帳が出てきて、「あれ? 私は、こんなにお金を持っていたんだ」と言ったぐらいです。

             

            そのお金はまったく使うことなく幸福の科学を始めて、ここまで大きくしました。すでに、会社で言うと、おそらく年商数千億円の会社の総資産にあたるぐらいのものを持っている教団になっていると思います。

             

            これをどうやって成し遂げたかということですが、『Think Big!(大川隆法著・幸福の科学出版刊)のあとがきにも書いてありますが、 Think Big! (大きく考える)ということですね。それから、 Be Positive (積極的であれ)ということ。常に積極的に考えるということが、非常に大事だったと思います。さらに、 Be Constructive (建設的であれ)ということですね。

             

            世の中のことは、悪い方に取ろうと思えば、いくらでも悪く取ることはできます。けれども、すべてを「成功の種にならないか」と考えていくことです。

             

            それから、めげてもめげても、立ち直る速度を速くしていくことです。「失敗した」と思っても、「ただでは起きないぞ」「この失敗から何かをつかんで上がっていくぞ」と考えることです。

             

            また、常に仕事に何かプラスアルファを見い出して、何かをつけ足し、より良くしていこうと努力していると、周りにちゃんと伝わっていきます。例えば経営者なら経営者が、「今日よりも明日、明日よりも明後日、今年より来年を、もっともっと良くしていこう」と思って発信し続けていたら、必ず他の人に伝わっていきます。

             

            ですから、明るく、建設的で、積極的な考え方を持ちながら、そうやって向上を目指していれば、必ず大きくなっていくし、それは必ず収入の増加を伴うものです。

             

             

            人の役に立つ仕事をしていれば富は必ず集まってくる

             

            個人においても会社においても、収入を上げたければ、要するに、富を引き寄せたければ、他の人へのサービスを良くしていくことです。「自分」という観点から言えば、自分の魅力を増していくこと、他の人を惹き付ける魅力を持つということです。

             

            とにかく、人のために役に立つことをしたら、お金は貯まることになっているのです。お金が逃げていくということは、人のためにならないことをしているということです。人の役に立つことをやっていて、それがどんどん積み増しているというか、もっともっと役に立つようになっているようだったら、絶対にお金持ちになっていきます。

             

            それに、目標を設定すれば、さらにいいかもしれません。自分で目標を貼り出して、これに向けて、 Think Big Be Positive  Be Constructive と考えながら努力していれば、必ずお金持ちになっていきます。

             

            他の人の役に立つ仕事をしていて、世に認められないということは、絶対にありません。それから、他の人の役に立つ仕事でも、同じことだけ繰り返すのではなく、さらに良くしていこうと常に考えていれば、絶対に大きくなる。富も大きくなれば、仕事も大きくなる、組織も大きくなるということ。これが永遠の真理です。

             

            「人の役に立つ仕事をする」ということだけをいつも考えていれば、どんな業種でも、絶対に成功できると思います。

             

            例えば、今は公務員のようなところは、仕事の成果が収入に関係ないとおっしゃるかもしれません。しかし、今、国は税金を上げようとしていますが、公務員のサービスがもっと良くなれば、もっとスムーズに税金を上げられるかもしれません。あるいは上げなくても、もっと民間が活性化して税収が上がる可能性だってあるわけです。

             

            ですから、どの世界においても、この考え方は一緒です。人の役に立つことをやること。相手が願っていることを一生懸命奉仕すること。これさえ心掛けていれば、すべては良い方向に循環します。富は循環し、そして、必要な人のところに集まってきます。富は、その人に任せておけば、もっと良い循環が起きるような人のところに必ず集まってくるようになっています。これを信じることが大事だと思います。

             

            絶対に大丈夫です。「富、無限」です。間違いありません。

             

            2012.10.25 Thursday

            ワクワクする真実が、ここに一杯あるよ!読んだ者勝ち。2

            0



               
              『小室直樹の大予言』――2015年 中華帝国の崩壊――/大川隆法(著)/1,470円(税込)小室直樹:1980年に「ソ連邦の崩壊」を予言した、日本の政治学者、評論家。

              「習近平は、世界皇帝ではなく、中国最後の皇帝になるだろう」

               

              さらなる軍拡に踏み出そうとする習近平。

              中国国内で勃発する国民の不満と怒り。

              その先にあるのは、世界征服か? それとも―――

              生前、ソ連の崩壊を的中させた国際政治学の奇才が

              予言する「中華帝国崩壊のシナリオ」とは!?

              激変する世界情勢の中で、日本がなすべき国防対策とは!?

               

               

              ▽共産主義での格差拡大という矛盾が

               噴き出し、中国は内部崩壊へ

              ▽日本の左翼マスコミは、改憲論者の

               安倍自民党に政権をとらせない戦略をとる

              ▽中国との融和を望む日本経済界は、

               尖閣問題の棚上げを目論む

              ▽オバマが再選されたら、今後4年間、

               日本は、中国・北朝鮮の軍事的脅威にさらされる!

               

              1 「予言者」的な力を発揮した小室直樹氏

              2 予言のもたらす「功罪」とは

              3 大中華帝国の分裂が始まる

              4 「海賊経済学」と最後の皇帝へのシナリオ

              5 「アメリカの正義」復活の条件

              6 中国と韓国が抱える「欺瞞」

              7 日本の左翼の「正体」

              8 幸福の科学が「精神革命」を成就する

              9 「宗教文明の対立」を乗り越えるには

              10 「宗教の大復活」が日本と世界を救う

              11 「小室直樹の霊言」を終えて







               

              『国防アイアンマン対決』――自民党幹事長石破茂守護霊vs.幸福実現党出版局長矢内筆勝――/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党





               

              『朝日新聞はまだ反日か』――若宮主筆の本心に迫る/大川隆法(著)/1,470円(税込)





               

              『天才作家 三島由紀夫の描く死後の世界』/大川隆法(著)/1,470円(税込)

              あの壮絶な最期から42―――

              「三島事件」の真相を本人が語る!

              なぜ、あの時、三島由紀夫は自決したのか?

              死後、彼はどんな世界に還ったのか?

              そして、いま、彼の警告どおり国家存亡の

              危機に瀕する現代日本に何を思うのか!?

               

              高天原から投げかける憂国のメッセージ

              ▽安保闘争の真実と自決の真相

              ▽死後の行き先と自らの死生観・宗教観

              ▽亡国の危機に瀕する現代日本への思い etc.

               

              1 右翼系の霊人についてもフェアに調べたい

              2 「自決」に込められた憂国の想い

              3 三島由紀夫の「時代的使命」とは

              4 石原慎太郎氏に言いたいこと

              6 三島由紀夫の「魂のルーツ」

              7 あらためて「自決」の是非を問う

              8 天上界における現在の役割

              9 意外だった「三島由紀夫の霊言」






               

              『スピリチュアル党首討論』――安倍自民党総裁vs.立木幸福実現党党首/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党





               

              『従軍慰安婦問題と南京大虐殺は本当か?――左翼の源流vs.E.ケイシ・リーディング/大川隆法(著)/1,470円(税込)

              反日主義と自虐史観の歴史的論拠は、崩れた!

               

              東大元教授・坂本義和の守護霊インタビューから明らかになる

              「反日主義」のルーツ。

              そして、眠れる予言者・エドガー・ケイシ―が

              「従軍慰安婦」と「南京大虐殺」の史実を明らかに!

               

               

              「南京大虐殺」は中国の捏造だった。

              「従軍慰安婦」は韓国の演出だった。

              いまこそ日本は、周辺諸国との

              未来志向の外交に切り換えるとき。

               

              1章 東大名誉教授・坂本義和氏守護霊インタビュー

              2章 エドガー・ケイシーによる

              「タイムスリップ・リーディング」






               

              『アエバる男となりなさい』――PRできる日本へ――/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

              [対談者]饗庭 直道(あえば じきどう)幸福実現党広報本部長、全米共和党顧問(アジア担当)





               

              『「人間グーグル」との対話』――日本を指南する――/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

              [対談者]黒川 白雲(くろかわ はくうん)幸福実現党政調会長





               

              2012.09.25 Tuesday

              人を許し、自分も許す。

              0
                 

                人を許し、自分の過去についても許すという努力が大事です。

                 

                今、憎んだり恨んだりしている人がいたなら、

                その人を許す努力、許し続ける努力をしてください。

                 

                過去に、あなたを攻撃したり、辱めたり、恥ずかしい思いをさせたり、

                誹謗中傷をしたり、からかったりした人などは、たくさんいるでしょう。

                 

                しかし、それをずっと覚えていて、そのことを言い続けても、幸福にはなれません。

                そういうことは言わないほうがよいし、忘れたほうがもっとよいのです。

                 

                むしろ、相手のよいところを思い浮かべるぐらいになれば、さらによいと言えます。

                 

                 (「ストロング・マインド」より)



                2012.09.06 Thursday

                ワクワクする真実が、ここに一杯あるよ!読んだ者勝ち。

                0
                    

                  <9月の発刊情報>



                  守護霊インタビュー 石原慎太郎の本音炸裂

                  著者 大川隆法・定価 1,470 (税込)





                  『核か、反核か』――社会学者・清水幾太郎の霊言/大川隆法(著)/1,470円(税込)

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/MbKl2





                   

                  『神武天皇は実在した』――初代天皇が語る建国の真実/大川隆法(著)/1,470円(税込)

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/050Yi





                   

                  『カミソリ後藤田、日本の危機管理を叱る』――後藤田正晴の霊言/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/GxKPS





                   

                  『公開霊言 天才軍略家・源義経なら現代日本の政治をどう見るか』/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/st1jR





                   

                  『佐久間象山 弱腰日本に檄を飛ばす』/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/kKXl4





                   

                  『李克強 次期中国首相 本心インタビュー』――世界征服戦略の真実/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/uun9v





                   

                  『ヒラリー・クリントンの政治外交リーディング』――同盟国から見た日本外交の問題点/大川隆法(著)/1,470円(税込)/発刊元 幸福実現党

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/umD96



                   

                  <好評発売中!>

                  『不惜身命2011 大川隆法 伝道の軌跡 救世の時は今』/〔監修〕大川隆法/()幸福の科学 編/1,890 (税込)

                  大川隆法総裁の2011年に行われた世界各地での説法の軌跡をビジュアルで紹介。

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/flqI5





                   

                  『ネバダ州米軍基地「エリア51」の遠隔透視 アメリカ政府の最高機密に迫る』/大川隆法(著)/10,500 (税込)

                  これは、人類が知ってもいい事実なのか!?

                  いま、大川隆法が、人類最高の霊能力を駆使し、前人未到の遠隔透視に成功した。

                  これは、映画でもフィクションでもなく、アメリカの国家機密を明らかにした事実の書である。

                  ―――ついに、米国と宇宙人の秘密が解明された。

                  詳しくはコチラ http://goo.gl/wSYWp

                   

                  『公式ガイドブック(1)映画「神秘の法」が明かす近未来シナリオ』/〔監修〕大川隆法/幸福の科学出版 編/1,050円(税込)

                  詳しくはコチラhttp://goo.gl/Aw3cR

                   



                  『中国「秘密軍事基地」の遠隔透視』――中国人民解放軍の最高機密に迫る/大川隆法(著)/1,575円(税込)

                  詳しくはコチラhttp://goo.gl/CNTML




                   

                   

                  2012.07.21 Saturday

                  49日の意味

                  0
                     

                    死者の霊は、ほんとうは、死後二十一日ぐらい、三週間ぐらいしたら、もう、この世で、あまりうろうろしていてはいけないことになっています。長く見ても四十九日ぐらいまででしょう。

                     

                    それまでは、しばらく“放し飼い”にされているというか、あの世にまだ完全には行けず、この世とあの世を行ったり来たりしているような状態で、ふらふらしていて、この世の、いろいろな人のことを見ています。

                     

                    実は、死んだときに、導きの霊が来て、いったん、あの世に連れていかれるのですが、やはり、この世に戻ってくるのです。しばらくは、勉強のため、あの世とこの世の違いを学ぶために、この世にいられるのです。

                     

                    やがて、日がたってきて、ある程度の期間が過ぎると、だいたい、霊体として、この世の物質的なものが少しずつ落ちてきます。それで、「そろそろ行こうではないか」と言われて、あの世に行くのです。

                     

                    そして、よく言う「三途の川」のあたりに来て、それを渡ると、本格的な死者になります。「精霊界」と言ってもよいし、「幽界」と言ってもよいのですが、まず、霊界の入り口に入るのです。

                     

                    三途の川の向こうでは、たいていの場合、菜の花など、きれいな花がたくさん咲いています。それから、昔の身内や友人など、いろいろな人が迎えに来ます。そのため、最初は「天国に来た」と錯覚するのですが、勘違いしてはいけないのは、「最初に行く所は天国ではない。まだ、天国・地獄をふるい分ける前の世界である」ということです。

                     

                    死後、この世に何十日かいたように、あの世へ行っても、そういう、まだ自分の行く先が分からない所で、しばらく霊的生活をして、生前の反省をします。その際、生前のことを、いろいろと、映画のように見せられることもありますし、指導霊が来て、一個一個、確認することもあります。

                     

                    いまは、この世に映像というものがあるので、あの世でも、映画のようなかたちで見ることもありますし、そうではなく、鏡のようなもので見ることもあります。

                     

                    よく「閻魔帳」といいますが、昔、映像というものへの理解が少なかった時代には、生前にやったことが全部書かれている手帳のようなものが出たりすることも報告されています。

                     

                    膨大な『霊界著述』を遺したスウェーデンボルグ(16881772の報告によれば、彼は霊界で次のような場面を見たことがあるそうです。

                     

                    ある精霊が、生前の反省をする場に臨みました。

                     

                    その人は、生前は賄賂を取って不正行為をしていて、その詳細をメモ帳に書きとめていました。検査の霊が、その精霊の顔から全身を見つめていると、生前のメモ帳が、ポーンと地中から出てきて、精霊の足下で、パラパラ、パラパラとページがめくれていって、「その人の過去の罪状がどうだったか」ということが、他の精霊たちにも分かってしまったのです。

                     

                    そのようにして反省をし、あの世での行く先が決まってくるわけです。

                     

                     

                    大川隆法総裁著『神秘の法』より

                    2012.06.16 Saturday

                    出したものは返ってくる!

                    0
                       

                      宇宙にはたらく力

                      宇宙は『 「出したもの(与えたもの)は返って来る」という力が絶え間なく働いている 』。

                       

                      “宇宙の視点”とはいったいどういう事なのか? 宇宙には常に“物事を均一にしようとする力”、“調和を図ろうとする力”が働いているのです。

                       

                      天秤を思い浮かべて下さい。 何も乗せていない状態だとピタッと水平を保っています。これが宇宙の状態です。均一の状態、調和のとれた状態です。

                       

                      常に宇宙はピタッと調和のとれた状態であり、その状態を保とうとする力がそこにあります。片方に何か力が働けば、それと全く逆の同じ力が働くのですね。それで調和を図ろうとするのです。

                       

                      「良い事」をやると全く逆の「悪い事」で調和を図る訳ではありません。「良い事」を出せば「良い事」を返そうとする力が働く。

                       

                      「出したもの(与えたもの)が“そのまま”返って来る」のが宇宙に働いている力。

                       

                      宇宙に働く力は当然私たちが住むこの世界にも働いています。良い言葉を使うと良い言葉が返って来ます。悪口を言うと必ず悪口が返って来ます。

                       

                      「ありがとうございます。感謝します。」って言うと、後々

                      「ありがとうございます。感謝します。」って言う言葉が返ってきます。 

                       

                      「バカ野郎」と言えば「バカ野郎」が返ってきます。





                      2012.04.27 Friday

                      感謝をする人は、明るい人生を送ることができる。

                      0
                         この世の中、人間にはおもしろい法則があります。

                        人から好かれる人はどんどん好かれるし、嫌われる人はどんどん嫌われていく法則です。

                         

                        これはあなたの身のまわりにいる人にたとえても、ぴったり当てはまるはずです。

                        うまくいく人はどんどんうまくいくし、うまくいかない人はどんどんうまくいかなくなります。

                         

                        どうしてこんなに極端に2つにわかれてしまうのでしょうか。


                        キーポイントは「感謝」をするかしないかにあるのです。

                         

                        どんどんうまくいく人は、感謝もどんどんする人です。

                         

                        感謝をするから相手に喜ばれ、また助けてあげようと思ってくれます。

                        助けてくれるから、うまくできごとが進み、また感謝をする。

                        そして、感謝をするから相手に喜ばれ、また助けてもらえる。

                         

                        この好循環のサイクルが「感謝」のおかげでできあがっているのです。

                         

                        暗い人は、この逆です。

                        せっかく助けてあげても感謝をしないので嫌われる。

                        嫌われるから助けてもらえず、困ってしまう。

                         

                        もし誰かほかの人が助けてくれたとしても感謝をしないから、また嫌われる。

                        嫌われてしまい、助けてくれなくなる。

                        そしてどんどん友達が減っていき、それに比例してどんどん何もかもがうまくいかなくなってしまう。

                         

                        このように感謝をするかしないかで、好循環と悪循環という正反対の効果を生みだしていくのです。

                        単純なことですが、とても大切なことです。

                         

                        感謝を大切と思いながら、ほとんどの人が感謝をしていないのが現実です。

                        その中でも少なからず、しっかりと感謝をする人がいます。

                         

                        そういう人が、ほかの人を抜きんでて、人気者になっていくのです。

                        あなたのまわりにいる明るいと言われる人を見てください。

                        きちんと感謝をする人であるはずです。

                         

                        感謝をするから、明るい人生を送ることができ、結果として明るい性格になっているのです。

                         

                        きちんと感謝をする人になろう。




                        Calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM