2017.06.18 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.02.11 Wednesday

    ●見守るしかないな。故障してほしくない、心配だ。

    0


       

      「田中将大はギャンブルに出た」 スプリットのスペシャリストが警鐘

      サンケイスポーツ 2月10日(火)21時6分配信


      •  

      米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(26)が10日、ニューヨークへ向けて出発した。スポーツ専門局ESPN(電子版)など多くの米メディアが、ヤ軍のロスチャイルド投手コーチの「調子はいいようだ」というコメントを引き合いに出して報道する中、地元紙「デイリー・ニューズ」(電子版)は、「『ヤンキースのエース、田中将大は肘とのギャンブルに出た』とロン・ダーリング氏は語る」との見出しで、今季の田中の活躍を不安視する内容を伝えている。

      昨季は13勝5敗、防御率2・77の好成績も、後半戦は右肘靱帯の部分断裂で離脱。側副靭帯(じんたい)を再建するトミー・ジョン手術を回避し、PRP療法と呼ばれる治療法を選択した。

      メッツやアスレチックスで活躍したダーリング氏は、スプリットのスペシャリストとしても知られ、現役時代に4回も肘の手術を受けている。スプリットが肩、肘に与える影響について「2本の指を可能な限り広げると、前腕部の屈筋で反動を感じるだろう。2本の指の間にボールを押さえつけて、そのまま思いっきり強く投げ込むんだから負担はあるさ」と説明。メッツ時代の活躍はスプリットのおかげとしながら、数年後、球速が落ちたのはスプリットの多投が原因ではないかとした。

      田中のスプリットについてダーリング氏は「(1986年のサイ・ヤング賞に選ばれた)マイク・スコット以降で一番だ」と称賛しながら、このオフに田中がトミー・ジョン手術を回避したことを危惧するように「決断は早めになされるべきだ。なぜなら現時点でも危険にさらされているし、球団もこの先の見通しを知りたいだろう」とコメントした。さらに、「明らかにギャンブルだ。彼は投げたがっているんだから(手術を)受けた方がいいと思う」と続けた。

      現在、54歳のダーリング氏はスプリットを投げ続けた影響による右肘の痛みで、ゴルフをするにも左打ちに変更したという。同じくスプリットを投げる田中へ「偉才であり、ニューヨークのすべての人が最高の彼を見たいと願っている」とエールを送った。


       

      2014.11.29 Saturday

      ●柳ゆり菜(20)

      0
        「マッサン」ヌードで注目 柳ゆり菜は“第2の有村架純”に?


        今回はたまたまNHKさんに張り出されていたオーディションを受けて合格し、大役を果たすことができました」

        ホクホク顔なのは新進のグラビアアイドル、柳ゆり菜(20)の所属事務所関係者だ。

        朝ドラからまたまたニューヒロインが誕生だ。「マッサン」に出演中の柳は、24日の放送で、販売中止に追い込まれた「太陽ワイン」復活のために“一肌”脱いでヌードポスターに。日本初のヌードモデル・みどり役を大胆に演じたところ「あのコは誰?」とNHKへの問い合わせが殺到。注目度が急上昇している。

        94年、大阪生まれ。昨年、「smart Boys&Girlfriendオーディション」で特別賞を受賞。最近は「スニッカーズ」のCM、各週刊誌や漫画雑誌の表紙やグラビアで活躍中。身長165センチ、B84・W60・H86の健康的で肉感的なボディーは魅力たっぷりだ。


        「おかげさまで朝からヤフーの検索ワードの上位にあがったりと、問い合わせが多くあり、うれしい限りです」(前出の所属事務所関係者)

        ちなみに24日は彼女のファーストDVD「PASSION」の発売日であると同時にキャバ嬢役で出演するドラマ「黒服物語」(テレビ朝日系)の初回放送日。

        最近の朝ドラは「あまちゃん」の有村架純のように脇役が主人公よりも人気を博すケースが増えている。“持ってる”シンデレラガールは、第2の有村になれるか。



         
        2014.10.26 Sunday

        ●澤が代表落ち…ケガ等以外での選外は11年W杯以降初

        0


          日本サッカー協会は25日と28日にカナダとの親善試合に臨む同国遠征メンバー21人を16日、発表した。MF澤穂希(36=INAC神戸)が9月の仁川アジア大会に続いてメンバーから外れた。佐々木則夫監督(56)は調子の上がらない澤を特別扱いしないことを明言。来年6月開幕のW杯カナダ大会出場へ、百戦錬磨のクイーンが崖っ縁に立たされた。 なでしこジャパンメンバー  日程&結果】 

          国際Aマッチ197試合出場を誇る「澤穂希」の名が、なでしこから消えた。ボランチは国内組から宮間(岡山湯郷)、阪口(日テレ)が入り、欧州組の宇津木(モンペリエ)、田中(フランクフルト)が名を連ねた。

          08年から指揮を執る佐々木監督は「澤選手の良いところ、悪いところを熟知している」と前置きした上で「全ての選手に可能性がある中で(澤を)特別扱いしていない。国内からはボランチ2枚で、欧州組を試したいと考えていた」と説明。調子の上がらない澤について指揮官は「INAC神戸でのパフォーマンス、代表への意欲が上がってほしい」と注文した。


          澤がケガや、若手のテスト目的以外の理由で代表から外れるのは優勝した11年のW杯以降では初めて。それでも、完全に“戦力外”となったわけではない。通し番号が義務付けられたアジア大会では高瀬が背番号10をつけたが、今回は欠番とした。

          「(澤は)選考の一人。(誰がつけるかは)W杯メンバーの決定まで、というように考えている」と指揮官は説明した。神戸で一報を聞いた澤は「どんな状況であろうと呼ばれれば行くし、呼ばれなくても悲観的になることはない」と受け入れた。


          連覇の懸かる来年6月開幕のW杯へ向け、今遠征で欧州組をふるいにかけ、来春のアルガルベ杯が最終選考の場となる。「全体を見た上で、アルガルベはメンバーを絞った状況で選考をしたい」と指揮官。

          今回のメンバーに加え、猶本(浦和)ら勢いのある若手も割って入るボランチ争奪戦。なでしこの屋台骨を支えた女王のW杯出場に、黄信号がともっている。

           



           

          大儀見、川村、川澄弾!なでしこ佐々木監督「皆よくやってくれた」

          スポニチアネックス 10月26日(日)7時24分配信


          ◇国際親善試合 日本3―0カナダ(2014年10月25日 カナダ・エドモントン)

          来年のW杯が行われるカナダで3―0と快勝したなでしこジャパンの佐々木監督は「皆よくやってくれた。リズムが悪い時に耐えてくれた」と満足そうな表情で話した。

          序盤にFW大儀見のゴールで先制し、こう着状態が続いた後半25分にはDF川村が追加点。そして最後はMF川澄がダメ押し点を決めた。

          ヘッドで代表初ゴールを決めた川村は「ボールの行き先を見ていなかったので点が取れてよかったです。うれしいですし、失点を0で抑えられてよかった」と笑顔を見せた。

          佐々木監督が「今まで招集した選手たちと欧州組が融合してどれだけできるか。スタメン全員違うくらいの勢いでいく。どれだけ自分の持っているものを発揮できるかは来年の(W杯の)選考に関わってくる」と話していた通り、28日(日本時間29日)の第2戦は「若手のチームでスタートする」という。「きょうの試合を参考にして、頑張ってもらいたい」と佐々木監督も期待していた。

          なでしこ カナダに3発快勝!ベストメンバーで強さ見せつける

          川澄(中)のゴールを喜ぶ安藤(左)と宮間
          <日本・カナダ>川澄(中)のゴールを喜ぶ安藤(左)と宮間(AP) 
          Photo By AP

          サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」は25日午後2時(日本時間26日午前5時)にカナダのエドモントンでカナダ女子代表と国際親善試合を行い、3―0で快勝した。

          国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキングで日本は3位、カナダは8位。ロンドン五輪では日本が銀メダル、カナダが銅メダルを獲得した強豪相手に、日本は大儀見、大野の2トップ。そのほかの先発メンバーは川澄、宮間、阪口、安藤、鮫島、川村、熊谷、近賀、山根と、欧州でプレーする選手らも顔をそろえた。

          前半9分、左サイドから宮間が相手DFを2人かわして中央の大野に横パス、さらにゴール前でフリーの大儀見にボールが渡り、きっちり先制点を決めた。

          後半25分には、左CKの場面で宮間がショートコーナーを選択。最後は宮間のクロスに川村が頭で合わせて代表初ゴール。さらに、同35分には有吉のクロスにゴール前でフリーとなった川澄が右足で合わせ、追加点を決めた。

          2連覇を狙う来年6月開幕の女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会に向けた重要な準備機会となる、カナダとの2連戦。佐々木監督は、全21選手をテストする方針を示していたが、初戦はベストメンバーでのプレーを見極めていた。 【メンバー

           

          2014.09.22 Monday

          ●田中将大はこれから未来が拓ける。絶対に無理はいけない。2

          0



             


            盛大なオベーションを浴びてヤンキースタジアムのマウンドを降りる途中、田中将大は帽子に手をあててファンに応える仕草を見せた。

            そのポーズが控えめだったのは、6回一死で降板することに満足ではなかったからか。それとも、米国的な儀式にまだ慣れていないからか。しかし、その瞬間を除けば、現地時間9月21日(日本時間22日。以下、すべて現地時間)の復帰登板でぎこちない部分はひとつもなかった。

            「久しぶりでしたけど、全体的にはなかなか良かったんじゃないかと思います」
            試合後に本人もそう語った通り、7月8日以来となるメジャーのマウンドで25歳のエースは故障以前と変わらぬ安定感を見せつけた。

            右肘靭帯の部分断裂からのカムバック戦となったブルージェイズ戦で、5回1/3を投げて5安打1失点、1死球。70球中48球がストライクと制球の良さは変わらず、3ボールまでいったのも一度だけ。久々とは思えぬ投球でチームを5−2の勝利に導き、個人としても13勝目(4敗、防御率2.47)を挙げた。

            「マック(ブライアン・マキャン捕手)に『田中の持ち球の威力は同じか?』と尋ね続けたけど、『イエス』という答えだった。とても勇気づけられたよ」ジョー・ジラルディ監督もそう述べて、内容の良さに顔をほころばせた。

            その直後、「今日の投球を見て、田中が今季を通じて元気でいてくれれば、とあらためて思わなかったか?」という類いの質問が続けざまに地元メディアから飛んだのも印象的だった。2年連続プレーオフ逸目前のチームの指揮官には酷な質問で、「そんなふうに考えたことはなかった」とジラルディは口を濁した。しかし、威風堂々としたエースの安定ぶりを見て、“失われた2カ月間”に思いをはせたファン、関係者は実際に多かったに違いない。


            田中の投球に話を戻すと、故障離脱前と1つだけ違う点があったとすれば、この日は得意のスプリッターが少なめで、カーブ、シンカーが多かったことである。

            特に大きなタテの変化球は効果的で、70球中11球がカーブ。中でも5回表に対した3人の打者の初球にすべて70マイル(約110キロ)台のカーブを投げ、簡単に3者凡退に抑えたことは象徴的だった。

            今回の試合前、“魔球”スプリッターの使い方が最大の注目点だと感じた。離脱前まではスプリッターが全投球の25%を占めたが、右肘靭帯を痛めた後で、肘への負担が大きいとされる球種を多投するのはリスキーに思えた。案の定、復帰戦ではスプリッターも要所で使ってはいたが、普段以上に緩急で勝負しようとする姿が目立った。

            低めに丁寧に投げ込む点は同じでも、配球という意味ではモデルチェンジを感じさせたカーブ、シンカー中心のスタイル。そのコンビネーションでの組み立てこそが、今後の基本となっていくのだろうか……?

            もっとも、本人は「カーブがすごく良かったから増えたんだと思います」とだけ語り、新スタイルへの移行をやんわりと否定した。

            「カーブで初球からストライクが投げられれば、早いカウントでアウトが取れる。打者の目先も変えられる。スカウティングリポートからゲームプランを用意しても、調子が良い球種が見つかれば、それを使っていくものなんだ」マキャン捕手に確認してもそんな答えだったのだから、田中のコメントは単なる煙幕ではなかったに違いない。ただそれでも、より多彩だったこの日のピッチングが、今後へのヒントになることは間違いないだろう。


             

            多くの球種を操るかつてのヒーローと同様



            「多くの球種を持っていて、そのすべてをカウントに関係なく自信を持って投げ込んでくるという意味で、田中はデビッド・コーンに似ている。コーンもまたどんな球種でもストライクが取れる投手だったからね。そして、彼もまた“自分がやってやる”という強烈な意思の強さを持った投手だった」

            復帰戦での田中の投球を見ながら、今年6月ごろにデレク・ジーターがそう話してくれたのが頭によみがえった。

            1980〜90年代に全盛期を過ごしたコーンは、メジャー通算194勝を挙げた本格派右腕。ヤンキース時代の99年に完全試合を達成し、通算3度(個人としては4度)の世界一に貢献して地元のヒーロー的な存在になった。そのコーンもまた、ジーターの言葉通り、速球、カーブ、スライダー、スプリッターなど田中同様に多くの球種を操る投手でもあった。


            「スプリッターは田中を一段上のレベルに押し上げる武器。それがなくても彼は“グッド”なピッチャーだが、“グレート”ではなくなってしまう」


            ア・リーグ某チームのスカウトのそんな言葉には、恐らく真実が含まれているのだろう。ただ、往年のコーン同様、複数の球種をいつでも投げられる器用さを持った田中なら、スプリッターへの依存度を多少下げても打者を打ち取るすべを見つけられるのではないか。復帰戦でブルージェイズ打線をケムに巻いた姿の中に、そのポテンシャルを垣間見た気がした。

            スプリッターの多投がケガの原因だったのかどうかは誰にも分からないが、よりバランスの良い配球が、健康、能力の両面で選手寿命の延長につながるのは事実に違いない。この日のようにカーブ、シンカーを勝負球のスプリッターとよりうまく融合させられれば、投手としてさらにスケールアップした姿を見せることだって不可能ではないかもしれない。

            未来への答えが見えてくるのは、復帰後2度目の登板が予定される27日のレッドソックス戦か。いや、やはり来年以降となるのだろう。


            とりあえず、今は久々のメジャーマウンド後に田中の肘に何の異常もないことを願いたいところだ。エースが新境地を示した上で好投し、ジーターも2安打を放って完勝した9月21日は、ヤンキースファンに久々に笑顔が戻った1日だった。それだけに、来季以降に向けて、ニューヨークの人々は今では田中の完全復活をこれまで以上に願っているに違いない。



             

            【MLB】ヤンキース監督が田中将大の復活を確信 「全てが怪我をする前と全く同じだった」

            Full-Count 9月22日(月)13時44分配信


            「私は勇気付けられた」

            75日ぶりとなったメジャーのマウンド。21日(日本時間22日)のブルージェイズ戦で復帰登板に臨んだヤンキースの田中将大投手が今季13勝目(4敗)を挙げた。5回1/3を投げて、5安打1失点4奪三振無四球。白星は7月3日以来、80日ぶりだった。靭帯の部分断裂からリハビリを続けてきた右腕は久しぶりのメジャーでの登板を乗り切った。

            そのピッチングを見て、ジョー・ジラルディ監督も復活を確信したようだ。地元紙ジャーナル・ニュースなどが報じている。

            ジラルディ監督は「もしも、あれほどの効果的なピッチングをするには、コントロールが最高でなければいけない。マック(マッキャン捕手)と話したが、彼のスプリットは以前と同じ。スライダーも同じ。全てが怪我をする前と全く同じだった。初球は92マイル(148キロ)だった。予期していなかったけれど、私は勇気付けられた」と語ったという。

            田中は7月8日のインディアンス戦後に痛みを訴え、故障者リスト入り。負傷離脱するまでは抜群の制球や伝家の宝刀スプリットなどが高く評価され、サイ・ヤング賞候補にも推されるほどだった。指揮官はその当時の投球と比べても遜色がなかったとし、田中の復活に手応えをつかんだ様子だ。

            ブレッド・ガードナー外野手は「落ち着いて、良いボールを投げていたように見えたね。素晴らしいピッチングだったし、週末にまた彼の後ろで守れるのが楽しみで仕方ないよ」と語っている。

            快投から一夜明けて田中の右肘に異変が生じなければ、週末のレッドソックス戦で今季最後の勇姿を見せることになる。




             



             

             
            Calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>
            PR
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM